不要なノートパソコンを処分する時って、そのまま捨てると個人情報の漏えいが心配ですね。

先日、ノートパソコンを処分した時にハードディスクを取り出しました。

 

スポンサードリンク

ダイナブックのハードディスクを取り出しました。

最初の画像の左上のこの部分にハードディスクが格納されています。

ビスを外して、スライドしてカバーを外します。

 

ちなみにこのノートパソコんはwindows vistaです。チョット古い。

 

カバーを外すと、黒いリボンの付いたハードディスクが見えます。

そのリボンを右側に引っ張るとハードディスクが取り出せます。


ハードディスク取り出してみて、意外に小さいと思いました。この中に膨大なデータが入っていると思うと不思議ですね。

 

 

 

 

 

 

windows 2000のノートパソコンのハードディスク取り出しもやりましたので記事にしておきます。

 

 

 

 

 

 


ビスを外すと、サイドの小さいカバーがスライドするので外します。

 

 

 

 


白いフィルム状のものが見えるので引っ張りますとハードディスク取り出せます。

 

 

 

 

同じ東芝のノートパソコンのダイナブックでもハードディスク取り出し方は違いました。

ハードディスク取り出し方は、ノートパソコンを処分する時には知っておいた方がいい知識ですね。

今回、ノートパソコンを処分しましたが、処分方法はパソコン回収業者を使いました。

ちょうど、送料無料のキャンペーンをしてたので送りました。

こういうパソコン回収業者は、回収したパソコンのハードディスクデータを完全消去する言っていますが、

やはりチョット不安です。

個人情報やクレジットカード情報が漏れたらと思うと怖いですね。

パソコン回収業者は、

ハードディスクを外しても回収してくれるということなので、今回ハードディスクを取り外しました。

皆さんも念のためにパソコンを処分する時には、ハードディスクを外した方がいいと思いますよ。